オンライン予約はこちらから

診療について

ドクターズファイル-しろつめデンタルクリニック

練馬区ドクターズ-しろつめデンタルクリニック

しろつめデンタルクリニック-モバイルサイト

患者の気持ち-しろつめデンタルクリニック

口腔外科

口腔外科を受診される方へ

口腔外科とは、お口の中、顎、顔面等に現れる先天性および後天性病気を診断、治療する診療科です。対象疾患には歯が原因のものから、癌までさまざまな病気があります。

また、交通事故やスポーツなどの外傷や顎変形症、唾液腺疾患などに加え、口腔粘膜の疾患や神経性疾患、口臭症などの内科的疾患も含まれます。これらの外傷や病気により正常な咀嚼機能、構音機能が障害をきたし、審美的障害までも生じます。 口腔外科治療を行うことにより、失われた機能や形態の回復、症状の緩和を行うことを目的としています。


口腔外科の対象となる主な症状

◇ 歯の奥が痛い、歯茎が腫れた

親知らずや永久歯などが顎の骨に埋まったままうまく生えないと(埋伏歯)、それが原因で歯茎に炎症を起こしたりします。また、虫歯や歯周病が原因で歯茎に膿がたまり、歯茎が腫れることがあります。

◇ 顎が痛い、口が開かない、口を開けると音がする

歯ぎしりや正しくない噛み合わせなどが原因となって顎関節に負担がかかり、様々な症状が現れます(顎関節症)。原因を特定し噛み合わせを調整することで、症状を改善できます。

◇ お口の中のできもの、水ぶくれ

お口や舌にできもの(腫瘍)ができることがあります。良性の場合は命に別状はありませんが、摘出・切除が可能です。また、水ぶくれのようなできもの(嚢胞)ができた場合も、摘出が可能です。

◇ お口や顎の外傷

交通事故やアクシデントなどで、顎骨が骨折した場合や歯が欠けてしまった場合、口の中の切り傷なども歯科口腔外科の治療範囲となります。

親知らずの抜歯について

普通にはえていて、普通に噛めている親知らずは、無理に抜く必要はありません。ただし、正しい位置にはえてくることがあまりなく、横にはえたり、はえきらなかったりすることがほとんどで、腫れたり、メンテナンスがしにくいことから隣の歯まで虫歯になることが多く、トラブルの原因となりがちです。 そのような場合は抜いてしまったほうが良いといえます。


歯牙移植・歯牙再植について

歯牙移植とは、虫歯が大きく残せない歯があり、自分の口の中に親知らずや、埋まっている歯がある時に残せない歯を抜いて、親知らずを移植するという治療法のことです。
いわゆる「歯のお引越し」といえます。

尚、条件を満たせば、保険で治療ができます。(保存できない歯を抜いた日と、同じ日に歯を移植した場合)。また、歯牙再植とは、根尖にウミの袋ができて通常の根管治療(根っこの治療)では治療できない場合などに、いったん抜歯して根尖の治療を施してから元の位置に戻す治療法です。

インプラントについて

歯の失われた部分(欠損歯といいます)にチタン製の人工歯根を埋め込んで人工歯(被せもの)の土台とするのが、インプラント治療です。
いわゆる義歯のように取り外してメンテナンスしたり、義歯が合わなくなり痛くて噛めないということもありません。また、ブリッジのように両隣の健康な歯を橋げたにするために削る必要もありません。

つまりインプラントにより、自分の歯と同じように噛むことができます。


◇ インプラントのメリット

  •  安定した噛み合わせを長期間保つことが可能
  •  失った歯の数が多くてもかみ合せの力(咀嚼能力)の回復が可能
  •  自分の歯に近い外観が得られる
  •  自然の歯に近い機能が期待できる
  •  適切なケアにより長持ちする

◇ インプラントのデメリット

  •  一般的な歯科治療に比べて治療期間が長い
  •  痛みはほとんどないが手術が必要
  •  保険診療に比べ費用がかかる
  •  家庭内や医院での定期メンテナンスが必要
ページトップへ